ニキビ跡治療特集!塗り薬編

ニキビ跡治療に効く塗り薬は市場に多く出回っていますが、そもそも食べることのできないものをお肌に塗ることそのものがお肌への負担となります。

ニキビ跡治療にはなるべく化学物質の少ないものを選ぶとよいでしょう。

まず有名な保湿剤である白色ワセリンが挙げられます。
これは、ひたすら保湿して自分自身の自然治癒力で傷を治すという湿潤療法にも使われているもので、ニキビ跡にワセリンを軽く塗り、ラップをかけて寝るとよいです。

ワセリンは塗った後に紫外線に当たると油やけを起こすので、紫外線対策は必須です。

また、馬油も保湿剤として有名です。
昔からや肌の水分の蒸発を防ぐ蓋の役割をするワセリンに対し、馬油は肌そのものに浸透していくタイプのものです。

人間の皮脂と似た成分を持つため肌によくなじみ、馬油を塗った直後に肌に塗った物をも浸透させていく効果があるので、添加物の多い化粧水などは馬油の後に付けない方がよいでしょう。

また、馬油も人によっては油やけを起こすので、紫外線対策は必須です。

ニキビ跡治療特集!飲み薬編

ニキビ跡治療の際に、飲み薬を利用する人は、年々増加傾向にあるといわれており、身体への負担を最小限に抑えたい場合にももってこいとされます。

近頃は、健康対策に取り組んでいる若い女性が目立っていますが、各自の身体的な悩みについて、きちんと担当の医師に伝えておくことが望まれています。

例えば、ニキビ跡治療のメリットについては、ファッション誌やテレビ番組などでも頻繁に取り上げられることがあるため、正しい知識をしっかりと身に着けることが求められています。

飲み薬の成分や種類に関しては、素人の女性にとって分かりにくいことが沢山あるとされ、かかりつけの医師や薬剤師などのアドバイスを積極的に活用することが大事です。

飲み薬の価格は、おおむね数千円程度に設定されており、家計にも優しいことがポイントとして挙げられます。

また、副作用や後遺症などの程度については、個人差が大きくかかわっていることから、継続的に医療機関と連携をすることが有効です。

ニキビ跡治療特集!針を使った治療編

赤みや色素沈着、クレーターになったニキビ跡治療には針が有効です。

ローラーなどの表面に極細の針を付けて、ニキビ跡の上を圧迫し、真皮層をわざと傷つけます。

皮膚にできた穴は1時間~2時間で埋まり、肌全体を元通りにしようと機能するので、コラーゲン繊維が増加してニキビ跡の凹凸や赤みが消えます。

あらゆる肌質の人が受けられるニキビ跡治療で、少し痛みが伴いますが針は浅い部分にしか届かないので気にならない程度です。

コストが安くで気軽に治療を受けられます。

安全性が高く、レーザーによるニキビ跡治療を受けた後でも施術が可能です。

自然の治癒力を利用するので、副作用がなく治療効果が長い期間持続します。「DeAge」という治療方法は、肌に穴を開けるときに真皮層に高周波を流します。
これによって表皮は傷つかないで真皮層だけがダメージを受けます。

一方で、肌の浅い部分にしか作用しないので、根深いニキビ跡を完全に消すことは難しいです。